ライティング講座

士業のブランディングに必要な「知的財産をカタチにする」取り組み

ライティング講座は、早稲田出版の代表であり、中小企業診断士史上NO.1※の監修・執筆実績を誇る山口正浩が、担当します。(※400冊以上の監修・著書)

・執筆機会の確保から執筆依頼、出版までのフロー

・職務経歴書に掲載しても恥ずかしくない書籍を執筆しよう!

・月刊誌を執筆する際のスキルと留意点

・単行本を執筆する際のスキルと留意点

・効率的にライティングを行うための必須用具と使い方

・共同で執筆する際のテンプレートの活用法

・企業研修のケース・スタディ用の教材を作成する際のスキルと留意点

・企業研修のケース・スタディの採点と評価方法

・文章校正実践演習【1】/文章校正実践演習【2】 ※内容は若干の変更があります。

2022年2月11日(金・祝) 13:00~17:00

対象者:中小企業診断士、または2021(令和3)年度中小企業診断士2次口述試験合格者。

持ち物:筆記用具、赤色のボールペン

開催場所:オンライン開催(ZOOM)

価格:5万円(税込) ※TBC受験研究会2次集中DVD通信講座・2次短期DVD通信講座(2021年度対策講座限定)の合格者は無料です。

2022年2月23日(水・祝) 13:00~17:00

対象者:中小企業診断士、または2021(令和3)年度中小企業診断士2次口述試験合格者。

持ち物:筆記用具、赤色のボールペン

開催場所:オンライン開催(ZOOM)

価格:5万円(税込) ※TBC受験研究会2次集中DVD通信講座・2次短期DVD通信講座(2021年度対策講座限定)の合格者は無料です。

ライティング講座の修了生はすでに活躍しています!

みなさまからのお問い合わせが多い、「ライティング講座の修了生がどのような執筆活動をしてキャリアアップをしているのか」について少し紹介いたします。

ライティング講座修了後のQ&A

Q】なぜ、多くの執筆のチャンスがあるのですか?

A】  ライティング講座の修了生に紹介される執筆依頼は、NHKにも司会講師として出演し圧倒的な執筆実績(約400冊以上の著書・監修)のある統括講師の山口に、中小企業診断士業界に依頼される様々な執筆が集まってきます。その執筆依頼をすべて修了生にお願いしているため、多くの執筆のチャンスがあります。また、グループ企業の早稲田出版があるため、早稲田出版からも執筆依頼がきます。

Q】中小企業診断士に合格して、初めての執筆ですが大丈夫でしょうか?

A】  執筆の際には、先輩の講師がとりまとめ講師となり、執筆における全体構造の設計や内容校正、著作権チェックなどをいっしょに行います。企業内診断士の方も無理ないペースで執筆することができるため、ご安心ください。

Q】年会費等はかかるのでしょうか?

A】  年会費等は存在しておりません。ライティング講座の修了生からは、6月の暑気払い、年末の大忘年会、執筆ごとの懇親会も含めてすべて無料です。ご安心ください!